審査が甘い、緩いから無職、生活保護、金融ブラックでも借りれる中堅・中小消費者金融があるというのは本当ですか?

 

2ch(2ちゃんねる)にはお金に困っている方も多くいるようで、よく聞いたこともないような中堅・中小消費者金融の口コミなどもみられます。

 

もちろん、中堅・中小消費者金融の中にも真面目に経営しており、サービス面が充実している会社もあるのは事実です。

 

しかしながら、2ch(2ちゃんねる)で「審査が甘いから借りやすい!」なんて口コミがされている中堅・中小消費者金融には警戒が必要といえます。

 

何故ならば、まともな会社でしたら無職の人や金融ブラックの人に無条件でお金を貸すなんてことはしないからです。

 

そういった属性の人々に無条件でお金を貸すとしたら、それは違法な金融業者、つまりヤミ金業者となります。

 

闇金業者でしたら、そういった属性の方にお金を貸し付け、その見返りに法外な利息を取り立てるなんてこともやるのです。

 

つまり、2ch(2ちゃんねる)における「審査が甘いから借りやすい!」なんて口コミをされている名前を聞いたこともないような消費者金融は…ということです。

 

さて、きちんと対策をとれば無職、生活保護受給者、金融ブラックの方でも大手消費者金融のキャッシング審査に通過するのは可能です。

 

下記には各属性ごとに、大手消費者金融の審査にも耐えうる審査の対策方法について解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

休職中・求職中の無職の方

 

残念ながら、無職の方ですと休職中・求職中といった事情を問わず、キャッシング審査に通過できません。

 

なぜならば、キャッシング審査では利用者に「安定した収入があるか」という点を確認しているのです。

 

無職の方は、普通に考えれば「安定した収入」は得ていませんので、審査に通過できません。

 

ですが、休職から復帰したり、求職しながらアルバイトなどをして安定した収入を得れば審査に通過する可能性は十分あります。

 

現時点で無職の方も、そういった対策をとって収入を安定させれば利用可能ですので、ぜひ実行してみてください。

 

生活保護受給者の方

 

生活保護というのは困窮者の方が生活を維持するために使うお金とされていますので、キャッシングの返済などに充てることは制限されています。

 

また、キャッシング会社としても「生活保護を貰っている=経済状況が厳しい」と判断しますので、現状のままでは生活保護受給者の方は審査に通過できないのです。

 

ですが、基本的には無職の方と同じで「安定した収入がある」という状況を作り出せば審査に通過することが可能となります。

 

生活保護を受けつつ、アルバイトなどで副収入を安定させれば審査通過が可能となってきます。

 

なお、確認もなしでアルバイトを始めると、生活保護受給額に影響を与える恐れもありますので、自治体などに相談してみてから実行してみてください。

 

金融ブラックの方

 

金融ブラックというのは過去にキャッシングに関するトラブルを起こしたという人のことを指します。

 

つまり「金融ブラック=返済能力が疑わしい」と判断されてしまうため、キャッシング審査においては非常に不利なのです。

 

ですが、ブラックの情報は一定の期間(多重申込みは6ヶ月、延滞ブラックは5年)で情報が消えます。

 

ブラックの情報が消えた状態でしたら、キャッシング審査への影響もなくなりますので、ぜひ情報が消えてからお申し込みください。

 

アコム在籍確認の審査を知りたい。お金借りるというのなら理解しておきたいこと