パチンコ、ギャンブル、買い物依存などを食い止める方法について解説します。

 

パチンコやギャンブル、または買い物依存など、配偶者の方が浪費などを繰り返していることがわかり、途方に暮れているという方もいらっしゃるかと思われます。

 

パチンコ・ギャンブル・買い物依存といった浪費は、一見するとその人本人のみに原因があると思う方もいらっしゃるでしょう。

 

しかしながら、実はそうした依存による浪費活動というのは、何も本人ばかりに要因があるわけではありません。

 

パチンコやギャンブル、買い物に依存するというのは一種の防衛機能であって、脳がストレスなどから身を守る手段としてパチンコ、ギャンブル、買い物をしようという欲求を生み出している状態になってしまっているのです。

 

つまり、本人がだらしないとかそういったことが原因とばかりも言えませんので、実は医療行為が必要というケースがほとんどなのです。

 

アルコール依存症や薬物依存症に近いものがありますので、本人や周囲の人々がいくら努力しても改善されないというケースも多々見られます。

 

まずは配偶者の方を伴って病院に足を運び、専門家の指示に従いましょう。

 

借金地獄といった状況にまであるということは、心のケアや依存からの脱却のためのリハビリ行為など中長期的な治療を施さなければならないという事態にまで発展しているとお考えください。

 

最初から配偶者の方を病院などに無理やり連れていく必要はありませんので、客観的にみて依存状態が進んでいると判断した時点で、医療機関に相談してみましょう。

 

そうやって配偶者の方に医療措置を講じた上で、借金問題の解決に向けた対策をとりましょう。

 

 

借金地獄からの脱却方法について解説します

 

さて、配偶者に医療措置を施した後でも借金が残っています。

 

そうした借金が山積み状態になっている状態を借金地獄と呼びますが、こうした借金地獄から抜け出すためには銀行の「おまとめ・かりかえローン」をご利用することをオススメします。

 

特に複数社からお金を借りているという方の場合、おまとめ・借り換えローンはかなり効果的ですので、ぜひご利用をご検討ください。

 

おまとめ・借り換えローンをして金利の低い銀行カードローンに借金を一本化してしまえば、利息負担がかなり減るのです。

 

普通、複数社から借りているとなりますと、各会社の最高金利で借りていることになるため、利息負担が大きくなっている状態であると推察します。

 

そうなりますと、毎月50,000円以上を利息として支払っているなんてケースもあるでしょう。

 

利息を払ってもいつまでも元金は減りませんので、中々完済できないのです。

 

そこで金利の低い銀行カードローンに複数の借金をおまとめ・借り換えしてしまえば、金利が低くなるだけあって利息負担が減ります。

 

そうすれば利息を払わない分、元金を減らしやすくなりますので、完済までの道が近くなるでしょう。

 

以上のように、おまとめ・借り換えローンを利用し、複数ある借金を一本化すれば借金を早めに完済することが可能になります。

 

ギャンブル依存などが原因で借金地獄に陥ってしまった方は、まず医療行為を考え、次におまとめ・借り換えローンを利用するなど、段階を踏んで借金に対処していきましょう。

 

アコム在籍確認の審査を知りたい。お金借りるというのなら理解しておきたいこと