パチンコ・賭博・競馬・競艇などギャンブル費用のためにカードローンや学生ローンを利用することは可能ですか?

 

学生の方の中にはパチンコ・賭博・競馬・競艇などに充てるお金を借りたいとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

 

消費者金融のカードローンというと、原則的に借りたお金の使い道は自由とされているはずです。

 

そのため、パチンコ・賭博・競馬・競艇といったギャンブル費用を消費者金融から借りることは一見すると可能に思えます。

 

しかしながら、原則的に使い道自由といってもパチンコ・賭博・競馬・競艇などギャンブル費用を借りることは一切禁じられておりますので、ご注意ください。

 

基本的に、ギャンブル費用など明らかに借金するのに適切でない理由ですと、いくら使い道が自由とはいえ、利用することができません。

 

学生(大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生)の方がギャンブルを目的としてローンを利用することは認められませんので、申し込みは考え直してください。

 

 

学生(大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生)がカードローンに申し込む際に注意すべき点は?

 

とはいえ、学生(大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生)の方がカードローンを利用すること自体は可能です。

 

ギャンブルには利用できませんが、学費や生活費、旅行の費用やサークルに必要なお金といった使い方でしたら大丈夫となっております。

 

ギャンブルには利用できないものの、学生生活で使う金銭面のサポートをしてくれるという点で、カードローンは非常に優れているのです。

 

下記には学生(大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生)の方がカードローンに申し込む際に注意すべき点について説明しましたので、申し込みの際の参考にしてください。

 

安定した収入を確保することは必須

 

これは学生に限らず、すべての利用者に共通することなのですが、どの消費者金融も利用条件を満たしていなければ利用することはできません。

 

そして、どの消費者金融も利用条件として「安定した収入を確保すること」といった条件を挙げています。

 

つまり、学生(大学生・大学院生、専門学校の専門学生、短大生)の方も安定した収入を確保しておくことが求められているのです。

 

そのため、学生の方もアルバイト・パート・派遣といった仕事を学業と両立して行い、収入を確保していきましょう。

 

年齢制限に気をつけましょう

 

大抵の消費者金融は年齢制限を「20歳以上69歳以下」としていることが多いです。

 

そして、学生の方々の場合、この年齢制限は結構大きな影響力を与えることと思われます。

 

20歳を超えて安定した収入があれば審査に通過できますので、現時点で未成年の学生の方は20歳になったら再度お申し込みをご検討ください。

 

 

以上に挙げた2点を守っていただければ、学生の方も審査に通過する可能性が高まります。

 

ギャンブル費用として借りることは出来ませんが、他の利用用途でしたら幅広い使い方が可能ですので、ぜひ学生の方も消費者金融のカードローンを利用しましょう。

 

アコム在籍確認の審査を知りたい。お金借りるというのなら理解しておきたいこと