外国人が日本のアコム・プロミス・モビット・アイフル・ノーローン・バンクイックを利用することは可能ですか?

 

外国人の方も日本に住んでいる以上、日本のキャッシング・カードローンサービスを利用してお金を借りたいという方もいらっしゃるかと思われます。

 

実は、アコム・プロミス・モビット・アイフル・ノーローン・三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』はいずれも外国人も利用可能となっているのです。

 

そのため、外国人の方も日本人と同じようにキャッシング・カードローンを利用してお金を借りることができます。

 

しかしながら、無条件で日本人に貸し出しを認めていませんように、無条件で外国人に貸し出しを認めているというわけではありません。

 

当記事では外国人の方がアコム・プロミス・モビット・アイフル・ノーローン・バンクイックに申し込む際に気をつけるべき点について解説します。

 

まず、全ての会社に共通して言えることは「永住権を持っていれば日本人と同じ条件で利用可能」という点です。

 

日本での永住権を持っており、特別永住者証明書を提出する方でしたら、いずれの会社も利用資格があります。

 

ただ、当記事をご覧の方の中には、永住権は持っていないけれど、中長期滞在資格者が持っている在留カードを持っているという方もいらっしゃるはずです。

 

果たして、在留カードの場合は外国人の方の利用は認められるのでしょうか。

 

在留カードの場合、大手の消費者金融の大半が利用を認めていますが、銀行カードローンとなりますと認めていない場合もあります。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は明確に制限しているというわけではありませんが、利用条件には「永住資格をもっている」という点しか記述されておりません。

 

そのため、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』ですと在留カードだけですと審査に通過しないことも考えられますのでご注意ください。

 

他の大手消費者金融アコム・プロミス・モビット・アイフル・ノーローンでしたら在留カードでも審査通過が十分可能となっております。

 

外国人の方でもお申し込みいただけますので、ぜひアコム・プロミス・モビット・アイフル・ノーローンに申し込んでキャッシングをご利用ください。

 

 

外国人がアコム・プロミス・モビット・アイフル・ノーローン・バンクイックの審査に通過するにはどのような点に気をつけるべき?

 

特別永住者証明書・在留カードがあればキャッシングをご利用いただけるというのは上記で説明した通りです。

 

しかしながら、それらの書類を持っていても、各会社の利用条件を満たしていなければ審査に通過できません。

 

例えば、アコムは「20歳以上69歳以下で安定した収入がある」という条件となっており、他の会社も多少の差異はあれど、これがキャッシングの利用条件の基本となります。

 

つまり、年齢制限をクリアしつつ、安定した収入がなければ特別永住者証明書・在留カードを提示しても審査に通過できません。

 

アコムの場合、アルバイトなどの収入でも安定性があれば利用条件を満たしていると判断していますので、外国人の方にもご利用しやすいかと思われます。

 

外国人の方でキャッシング・カードローンを利用したいという方は利用条件を満たした上で、ぜひアコムへのお申し込みを検討してみてください。

 

SIMガール

 

アコム在籍確認の審査を知りたい。お金借りるというのなら理解しておきたいこと